トップ

竹炭ソープで加齢臭撃退

竹炭が加齢臭に効果あり

加齢臭対策におすすめの竹炭とは?

自分ではなかなか気付きにくい身体のにおい。香りのよいボディシャンプーやオーデコロンを使っているのに、時々ふっと嫌なにおいを感じてしまう時があります。

年齢と共にきつくなる臭い(加齢臭)の発生は、皮脂の酸化やバクテリアによって分泌されるノネナールやアンモニアが、雑菌と結びつくことによって起こります。

加齢臭対策に効果が期待できるとされている竹炭には、目に見えない小さな孔(あな)が複数開いています。この小さい穴に加齢臭の原因となる成分が吸着するため、竹炭石鹸で身体を洗うと、気になるにおいが解消されるのです。

毛穴の奥にはヘキサデセン酸という脂肪成分がありますが、ヘキサデセン酸が酸化することで雑菌と結びつき、発酵・分解し嫌なニオイとなります。

もともと竹炭には「殺菌」「防虫」「防臭」などのさまざまな効果があり、衣食住のあらゆる面で注目をされていました。インテリアとして室内に置くだけで湿度を調整し、部屋のにおいの元やホルムアルデヒドを吸引。その高い吸着力が注目され、さまざまな商品が販売されています。

なかでも小さい穴が無数に空いている竹炭を使用した石鹸は、汚れを吸着して除去する働きがあります。さらに竹炭石鹸の細やかな泡が毛穴の奥まで届き、ヘキサデセン酸を取り込んできれいに洗い流します。

竹炭そのものが持つ吸着力と殺菌力で洗い上げるので、お肌にもやさしく、嫌な加齢臭も抑えてくれます。

つまり、身体のにおいを別の香りでごまかすのではなくにおいの原因を吸着するため、不快な加齢臭を軽減してくれます。

さらに、くり返し使うことでさらに高い効果を得ることができるので、においを誰かに指摘される前に始める、「加齢臭ケア」としておすすめです。
加齢臭対策をしたい方はこちら。